任意売却の体験談:競売を回避できず… 後悔した

兵庫県神戸市40歳男性の体験談

私は兵庫県神戸市に住むAです。現在はマンションを購入し一人暮らしをしています。仕事は、スーツの販売を行うチェーン店に長く勤めていましたが、新型コロナウイルス感染拡大により、販売不振が続き、複数の店舗閉鎖や希望退職を募るなどで業績が悪化していきました。その影響で給料も減り、住宅ローンの支払いが厳しい状況となっています。

また、新型コロナウイルス感染拡大でテレワークなどの在宅ワークが増えることで、スーツ離れが加速しており、将来がとても不安になり転職も考えています。しかし、40代となり、緊急事態宣言が発令している中で転職先がなかなか見つかっていません。

今の状況では、貯金を切り崩しても食費だけで精一杯の状況なので、とうとう住宅ローンの支払いが滞ってしまいました。

そのため、催告書や競売開始決定通知書も届くようになり、物件調査などで執行官が訪問する状況までになっていました。

私はなんとか競売にかけられることは避けたいと考えていたので区分マンションを売却したいと思ってましたが、身動きが取れなくなり、とにかく不動産屋に相談することにしました。
不動産のことはあまり詳しくはありませんでしたが、まずは競売に詳しい不動産業者を探すため、インターネットで調べました。急いでいたので、家からも近く問い合わせにも親切に対応していただけた業者に具体的な相談をすることにしました。

不動産業者から任意売却の提案

不動産業者からは、住宅ローンが残ったまま金融機関との交渉次第で売却できるという「任意売却」の提案をいただきました。私は任意売却について具体的なシステムを知らなかったので、今の状況では理想的な方法だと思い、任意売却を希望しました。

まさかの競売にかけられてしまう

しかし、不動産屋から伝えられたのは、任意売却の買い手がつかず、競売の落札者が決定する日(開礼)となっていたため、競売の取り下げもできないとのことでした。

したがって、任意売却ができなくなり競売が決定してしまったのです。競売では、任意売却より安く売却されることも知り、とてもショックを受けました。

私は、任意売却に期限があることは知らず、相談するタイミングも悪かったと思いますが、今回の失敗した理由はそれだけではなかったと思います。

任意売却を失敗した理由

今回、任意売却ができなかった理由として不動産業を営む友人にすべて話して聞いてみました。

一つ目は、任意売却専門の業者ではなく、一般の不動産会社だったので任意売却の実績や経験が豊富ではなかったことです。競売が差し迫っていたので、不動産会社の比較も甘く、任意売却専門の業者であることまで調べていませんでした。

任意売却では、金融機関との交渉や複雑な手続きがあるなど、専門的な知識が必要なため、一般の不動産会社ではスピーディな対応ができないことがあります。

二つ目は、フリーダイヤルの相談窓口がなく、店舗でとにかく任意売却をすすめられた点です。強引な感じはなく、とても親切だったのですが、ノルマのために任意売却をすすめていた可能性もあります。

三つ目は、任意売却のリスクについて説明がなかったことです。信用情報に傷が入ることや不動産が売れない可能性があること、金融機関が交渉に応じてくれないということです。

とにかく安心感があったので、任意売却はうまくいくだろうと思っていましたが、冷静に考えると、このようなリスクについての説明がなかったです。

このように任意売却に関する基本的な知識を得た上で、専門の業者に依頼することが大切だとわかりました。

良い 任意売却業者 選び方 とは?

不動産の専​​門家

Ogawa.san

現役で不動産会社を経営しています。不動産の任意売却における長年のノウハウを持っています。住宅ローン滞納の悩みがある場合は悩まずにお問い合わせください!任意売却を重点に、ブログを運営しています。