任意売却の体験談: 住宅ローンへの対応として

住宅ローンの返済が不安な人は任意売却を検討しよう

はじめまして、大阪市福島区に住むFと申します。私は会社をリストラされることが決まり、住宅ローン返済への不安を抱えていました。

収入の減少から毎月の返済ができなくなり、最悪の場合競売になることを考えると夜も眠れません。そんな状態だった私が住宅ローン請求の不安から解放されたのが任意売却でした。

この記事を読んでいる方のなかには、現在住宅ローンを滞納していたり、今後滞納する可能性がある経済状況の方も多いのではないでしょうか。この記事では私の実体験をもとに、住宅ローンの返済から解放される方法を紹介します。

この記事を読んで頂ければ、住宅ローン返済の不安を解消するためにやるべきことがわかります。今後の不安を解消したい方はぜひ参考にしてください。

私が任意売却を相談した経緯

私が勤めていた会社は業績悪化により、リストラせざるを得ない状態に追い込まれていました。50代である私はリストラの対象となり、仕事を退職することに。50代であることからなかなか再就職先も決まらず、今後の収入に対する不安で頭の中がいっぱいでした。

幸いにもある程度の蓄えがあったことや、失業手当もあることからすぐに金銭的に追い込まれることはありませんでしたが、それも時間の問題です。収入が減少するにもかかわらず毎月の支払いは減りません。毎月の支払いのなかでも金額が一番多かったのが住宅ローンです。

このままでは住宅ローンを滞納してしまうと危機感を覚えた私は、知り合いの不動産屋に相談しました。自宅を売却することも考えましたが、購入時よりも値下がりしており、売却資金を入れても住宅ローンを完済できない、いわゆるオーバーローンの状態だったのです。

一般的な売却ができないとわかり、残された道は競売による売却かと思っていましたが、そこで紹介されたのが任意売却でした。任意売却は債権者(金融機関等)と交渉したうえで、オーバーローン状態でも不動産を売却できる売却方法です。

住宅ローンを滞納している状態ではありませんでしたが、今後の手続きや流れを知りたく、任意売却専門の不動産業者に相談しました。

任意売却がオススメな理由

任意売却は競売よりも高い金額で売却できる可能性が高いことに加え、競売のように告知されないため、近所や知り合いに諸事情を知られずに済みます。

オーバーローンでなければ通常の売却方法でも問題ありませんが、売却活動中も住宅ローンの返済は続きます。通常の売却は期間の定めがないため、いつ売れるかわからない状態で、住宅ローンを返済し続けなければなりません。

任意売却では、債権者に任意売却の了解が得られた段階で、住宅ローンの請求はストップします。そのため経済状況を悪化させることなく売却可能です。

ちなみに競売の場合は、競売が完了するまで住宅ローンの請求は続きます。住宅ローンのストレスから解放されたい方は、任意売却を検討するといいでしょう。

住宅ローンの返済が滞った時の対処順序

まずは相談から

私は大阪市にある任意売却業者、オーナーズ・プランニング株式会社さんに相談に乗って頂きました。任意売却という言葉を始めて聞いた私でもわかるように、丁寧に相談に乗って頂き、今後の不安が解消されました。

現状の把握、今後起こりうることや対策など、1人では到底わからないようなことでも、プロに相談することで物事が進展します。

現在住宅ローンを滞納していたり、今後の支払いに不安がある方は、早い段階で相談先を見つけ対応してもらいましょう。

私が相談したオーナーズ・プランニング株式会社さんは、メール・電話・面談にて無料相談できます。1人で悩んでいても事態は悪化するばかりでしょう。早い段階でプロに相談することをオススメします。

まとめ

この記事では私の実体験をもとに、住宅ローン返済から解放される方法を紹介しました。私は早い段階から相談する機会があったため、収入の減少による住宅ローンの不安が解消されました。

任意売却は動き出すタイミングが遅いと、不成立となる場合もあるようです。そのため、住宅ローン返済が苦しい状態にある方は、1人で悩まずに早い段階でプロに相談しましょう。

この記事が当時の私と同じ悩みを抱えている方の参考になれば嬉しく思います。

不動産の専​​門家

Ogawa.san

現役で不動産会社を経営しています。不動産の任意売却における長年のノウハウを持っています。住宅ローン滞納の悩みがある場合は悩まずにお問い合わせください!任意売却を重点に、ブログを運営しています。