住宅ローンの返済が滞った時の対処順序

予想もできない収入減や支出で住宅ローンの返済が滞った時にどのように対処をすれば良いのでしょうか。住宅ローンの返済が滞った時の対処法を誤ると自宅を失ったり、自宅を相場よりもかなり安い価格で売却せざるを得なくなったりします。
当記事では住宅ローンの返済が苦しくなった時にどのような対処すればいいかを具体的にご紹介します。

 

1.金融機関に相談する

住宅ローンの返済が苦しくなってきた時に、まず金融機関に相談することをオススメします。具体的などのように相談をすればいいかを解説します。

 

(1)リスケジュールを依頼する

リスケジュールとはスケジュールを組み直すことです。融資期間を伸ばすことで毎月の金彩金額を軽減することが可能です。
銀行の承諾が無ければリスケジュールをすることはできませんが、リスケジュールは大きく負担を軽減することができる有効な手段です。
ただし、リスケジュールは当面の負担を減らすことができるものの借入期間が延びることで金利を支払う期間が長くなってしまいますので、総返済額は増えてしまいます。
一時的な収入減などで、将来再度収入を得る見込みがある方はリスケジュールを依頼するとよいでしょう。

 

(2)金利を下げる方法が無いか検討する

ローンを支払う際に大きな負担となるのが金利です。支払いが困難な場合には金利負担が減る方法を検討してみると良いでしょう。
具体的には他の金融機関への借り換えや変動金利に変更するなどがあげられます。
金利を引き下げることができれば負担を減らすことが可能ですが、借り換えなどには手数料がかかることもあります。手数料も含めてどれくらい有利になるかしっかり検討するようにしましょう。

 

2.任意売却で不動産を売却する

リスケジュールや金利の引き下げではローンの返済が難しい場合は任意売却もひとつの選択肢となります。
任意売却とは住宅ローンの支払いが滞った場合でも選択できる売却方法です。住宅ローンの支払いが一定期間滞ると保証会社などにローンの債権が移ります。
ローン債権が保証会社等に移ってしまうと「期限の利益」が失われすぐにローンの元本全てを支払う必要があります。
ローン債権が保証会社等に移ったあとは保証会社に不動産を売却した代金を支払う必要があるため自分の家であっても自由に売却することはできませんが、保証会社等に許可を得て売却するのが任意売却です。
任意売却は通常の売却と同程度の価格で売却することが可能です。また、ある程度スケジュールも余裕を持って売却することができますので、転居先を探す余裕があります。

 

3.競売で不動産を売却する

競売とは不動産を差し押さえられたあとでもできる売却方法です。競売は裁判所から競売開始の通知がされたあと、調査員が現地調査を行います。
競売は入札によって行われますが、相場よりもかなり低い金額で売らざるを得なくなってしまいます。
また、競売の場合は売却が決定後すぐに出ていく必要があるなど任意売却に比べるとデメリットも多いものです。出来るだけ競売は避けて任意売却で不動産を売却するようにしましょう。

 

まとめ

住宅ローンの返済が滞った場合の対処法について解説しました。住宅ローンの支払が滞った場合、まずは金融機関に相談するべきでしょう。返済計画のリスケジュールなどによって当面の負担を減らすことができる可能性があります。
次に検討するべきなのは任意売却です。任意売却であれば自宅を手放すことにはなってしまいますが、相場に近い金額で不動産を売却することが可能です。
最後の手段として競売という方法もありますが、競売の場合は相場よりもかなり安く売却することになります。競売での売却はできるだけ避けるようにしましょう。

 

 

 

不動産の専​​門家

Ogawa.san

現役で不動産会社を経営しています。不動産の任意売却における長年のノウハウを持っています。住宅ローン滞納の悩みがある場合は悩まずにお問い合わせください!任意売却を重点に、ブログを運営しています。