任意売却の体験談: 住宅ローンの滞納に苦しみ

大阪市東成区のFです。私は家族の事情によって住宅ローンの滞納に苦しみました。一時は自己破産も考えたほどです。しかし任意売却で競売を回避し、今は生活再建に向けて忙しく働く毎日です。任意売却を選択して本当によかったと思います。

任意売却とは

私も住宅ローンの滞納が3ヶ月を超え、身動きが取れなくなるまで任意売却という言葉自体を知りませんでした。以前の私と同じように任意売却をご存知でない方に向けて、簡単に説明します。

一般的に、住宅ローンの支払いが残っていると住宅を売却することはできません。しかし任意売却なら、住宅ローンが残っていても通常の不動産売買と同じように自宅を売却できます。ただし、住宅ローンの滞納が3ヶ月以上滞っている場合のにのみ用いられる方法である点は注意が必要です。

住宅ローンを滞納している場合の処置として、競売を連想する方が多いでしょう。競売になると自宅は裁判所に差し押さえられ、強制的に売却されます。
任意売却なら債権者の同意を得て住宅を自分で売却し住宅ローンの返済に充当する、自発的な債務整理の一種と言えるでしょう。

任意売却して一番よかったこと

任意売却して一番よかったこと。それは、自己破産せずに済んだことです。
私の場合、妻が私に内緒で家計のお金を使い込んでおり、消費者金融からの借入ができないことから住宅ローンの返済分にも手をつけてしまったための滞納でした。親族や友人からも借り入れしており、まとまったお金を工面する手立ては残っていません。もしあのまま競売に進んでいたら、残債を精算できずに自己破産の道を辿っていたでしょう。

任意売却が無事成立して、相場に近い金額で売却できました。任意売却なら、住宅ローンの残債も無理のない金額で分割返済できます。競売で売却されると、市場の相場よりずっと低い価格になるのが一般的です。ところが私は任意売却で競売より高く売却できたので、住宅ローンの残債もわずかで済みました。妻が作った他の借金の返済もありましたが任意売却できたので、完済に向けてコツコツ返済しているところです。

しかも、任意売却は手続き開始の際にまとまった現金を納める必要がありません。売却手続きにかかった費用は売却代金で相殺できるからです。任意売却手続きを始めた時は、引っ越し費用の捻出にも困るほど困窮していました。まとまったお金がなくても任意売却手続きに着手できるという点も、任意売却に踏み切るきっかけでした。

任意売却の難しいところ

住宅ローンの返済に困った時に最善な救済策である任意売却ですが、もちろん簡単にできるわけではありません。

競売の場合は裁判所が強制的に物件を差し押さえ、手続きを進めます。自分は引っ越し先を見つけて出ていくだけです。しかし任意売却の場合、債権者から任意売却の許可を得る交渉や物件購入者を探すなど、自分が動かなくてはなりません。

また競売が完了するまでに任意売却が完了しなければ、競売の手続きが進んでしまいます。競売の進行状況を確認しながら任意売却の手続きを進める必要があります。

私の場合は、任意売却を専門にしていて多数の実績がある不動産業者に依頼しました。おかげで思っていたよりずっと楽に任意売却できました。やはり知識と経験のある専門家を頼ることは大事です。

住宅ローン返済に困ったら…競売にかかる前に任意売却は?

まとめ

あなたがもし、以前の私と同じように住宅ローンで苦しんでいるなら、任意売却の専門不動産会社に相談してみて欲しいと思います。

私の場合は家庭の込み入った事情もあり、自分でなんとかできないかと考えた時もありました。ただ住宅ローンのように大きな金額が動く話では、何の知識もない個人が1人で対処するのは不可能に近いものがあります。

任意売却は時間との戦いです。一刻も早く、動き始めて欲しいと思います。

不動産の専​​門家

Ogawa.san

現役で不動産会社を経営しています。不動産の任意売却における長年のノウハウを持っています。住宅ローン滞納の悩みがある場合は悩まずにお問い合わせください!任意売却を重点に、ブログを運営しています。