任意売却の体験談: 任意売却 相談 リスクについて

宝塚市に家族と住んでおります。Dと申します。

私は先日、希望していた任意売却に失敗しました。住宅の競売を終え、今は残ってしまった債務の整理をどうするのか、頭を抱えています。

任意売却の成功談はよく見かけます。でも私は、失敗談を聞いておきたかったと思いました。そこで、私の失敗談をお伝えします。任意売却の手続きを進めようとしている方のお役に立てれば幸いです。

任意売却での希望条件

住宅ローンの滞納が 積み重なり、もう返済が追いつく見込みもなくなくなったので、競売回避のために任意売却手続きすることになりました。

任意売却できる業者を探していくつか問い合わせをしました。その中でも最も条件が良く、こちらの希望した内容全て対応できるという回答だった不動産会社に、任意売却の手続きを依頼。この選択のせいで任意売却失敗したと気づいた時は手遅れでした。

この不動産会社の話はこうでした。

  • 高額で住宅売却できるので、住宅ローン全て売却益で相殺可能
  • リースバックで今の住宅に住み続けることができる
  • もしリースバックできなかった場合も、引っ越し代全額保証

子供が居り転校はしたくなかったので、リースバックで今の家に住み続けられるという点が非常に魅力的に感じました。

また不動産会社の担当者も 人当たりの良い感じの男性でした。絶対に任意売却できるから大丈夫だと言ってくれます。 冷静に考えると、少し調子が良すぎるきらいがあったのですが、その時は信じたい思いが先立って判断を誤りました。

任意売却は債権者主導で条件が決まる

実際に任意売却の手続きを始めると、当初の話とは全く異なる状況になり、非常に戸惑いました。

まず任意売却できるかどうかは、債権者の許可が得られるかどうかにかかっているとのこと。住宅の売却金額も債権者が決定するので、債務者である私には売却金額を決定する権利はありませんでした。

希望していたリースバックも債権者の許可が降りず。さらに引っ越し費用についても自己負担と聞かされました。

あまりにも当初の話と状況が異なると担当者に異を唱えましたが、人が変わったかのようなそっけない態度に。挙句「任意売却は非常に難しい手続きだから債務者の思い通りにはならない。」と吐き捨てるように言われる始末。
最初からそのように説明して欲しかったというのが私の正直な心境です。

任意売却は売却先が決まらなければ競売を止められない

任意売却の許可は下りたものの、諸条件に不満は拭えません。また担当者の不誠実な態度に不安も感じていましたが、もう後には引けないという思いで住宅の売却先を探し始めました。しかし2ヶ月経っても売却先が決まりません。

裁判所から通知が届く度、早く売却先を見つけて欲しいと不動産会社に催促しましたが、連絡を入れるたびに担当者が不在で、一向に話が進みません。

このままでは埒が明かないと担当者の上司という人物に話しましたが、「任意売却の住宅売却では、債務者自身が努力して購入者を探すのが当然。」との回答でした。今更言われても困ると抗議したものの、事態は改善しません。

住宅の売却先が見つからないまま時間ばかりが過ぎ、とうとう 競売の入札は始まりました。

競売後の残債整理の相談もできない

競売の末、住宅を明け渡さなくてはなりませんでしたが、任意売却できなかったからと、引っ越し代は自己負担に。

さらに競売後の住宅ローンを始めとする残債の整理について相談したかったのですが、任意売却失敗した時点でできることは何もないと、不動産会社から突き放されてしまいました。

今は債務相談のために弁護士や司法書士の元に問い合わせている最中です。

任意売却なら信頼できるプロがいる協会に依頼すべき

債務整理の相談で弁護士や司法書士といった法律の専門家に今までの経緯を話している中で、一般社団法人 任意売却協会という、任意売却の専門協会の存在を知りました。

一般社団法人 任意売却協会に属する任意売却業者なら、任意売却の実績と経験もあり、債権者から信頼を得やすいので有利に交渉を進められるケースがかなりあるのだそうです。

任意売却しなければならないほど追い詰められた債務者を利用しようとする悪質な業者は多いので、一般社団法人 任意売却協会の協会員であることを確認してから任意売却の依頼をすべきだったと弁護士から指摘されました。

そして私自信が任意売却を経験して、任意売却がどれほど難しいものであるか。 信頼でき権威のある任意売却業者を頼らないと、競売回避は程遠いとつくづく感じています。

任意売却誤解されやすい部分と業者選びの3つのポイント

まとめ

今調べてみると、一般社団法人 任意売却協会の協会員である任意売却業者はいくつもありました。そして口コミを見ると、どこも誠実に対応してもらえている様子。なぜ私も一般社団法人 任意売却協会の協会員を頼らなかったのかと、ひどく後悔しています。

任意売却には、信頼と権威のある任意売却業者の協力は欠かせないでしょう。

どうか私と同じ失敗をする人がいなくなることを願って止みません。

不動産の専​​門家

Ogawa.san

現役で不動産会社を経営しています。不動産の任意売却における長年のノウハウを持っています。住宅ローン滞納の悩みがある場合は悩まずにお問い合わせください!任意売却を重点に、ブログを運営しています。