任意売却の体験談 : 住宅ローンに困った私が、解決に至るまで

私は40歳の妻子持ちの男です。マイホームを持っていたのですが、住宅ローンの返済に行き詰った時期がありました。
そんなときにどうやって解決したのかを体験談としてこの記事にまとめています。
現在、住宅ローンの返済に悩んでいる方にぜひ見て頂きたい内容となっています。
少しでも同じような悩みを持つ人の解決の糸口になればと思い、この記事を書かせていただきました。

 

住宅ローンの返済に行き詰るまでの経緯

私は、妻と2人の子供(中学生と小学生)がいる四人家族です。現在は私の母(75歳)も合わせて5人でマイホームに住んでいます。
大阪市在住で築10年3F建ての家に住んでいます。5年前に中古で3,600万円ほどの金額で購入しました。
ローン期間は25年で残り20年を残して残債務は2,800万円ほどあります。ローンの月の返済額は12万円です。

1年で換算すると1,440,000円を住宅ローンの返済に充てなければなりません。購入したときは夢のマイホームだと喜んでいましたが、次第に荷が重く感じるようになっていきました。
現在は私の収入だけで家計を支えています。妻は昨年までパートをしていましたが過労により倒れてしまい、現在は専業主婦です。
子どもは中学生と小学生なので養育費がかかります。私の親も高齢でヘルパーさんなど雇っているので介護費用がかかっています。

私も不景気の影響からか、給与が下がって住宅ローンに困った状態になってしまいました。住宅ローンが払えないということです。
ついには住宅ローンを滞納してしまい、このままでは債権者(金融機関)に競売にかけられてしまうと危機感を感じたのです。

 

任意売却を検討することに

困っていた時にネットで調べて見ると任意売却という方法があることを知りました。住宅ローンが返済できない状態に陥ったとき、任意で売却できるのです。
任意売却をするには住宅ローンの滞納が必須条件であり私にも当てはまっていました。

通常は住宅ローンが払えないと債権者(金融機関)が強制的に売却(オークション形式)してしまうのですが、任意売却をすると競売より高く売れやすいです。
近所の住民や知人にバレたくないという思惑もあり、私はなんとか競売回避をしたく任意売却をする方向で考えをまとめました。

 

家族や母からは反発の声が…

その日の夜に家族と私の母に任意売却の旨を伝えると反発の声が挙がってきました。
妻は「近所との人間関係を壊したくない」、子は「転校して新しい場所で過ごすのが嫌だ」、母は「老後の暮らしを安定させたい」とのことでした。
私も今の家に思い入れが強く、家を手放さずに済む方法はないか調べることにしたのです。

 

家に住み続ける手段としてリースバックという方法を発見

すると「リースバック」といった方法があることを知りました。リースバックとは簡潔に説明すると一度購入した家を売却し、賃貸物件として住みなおすことです。
リースバックは任意売却が前提となる手段であり

  • 任意売却をしても引っ越さなくて済む
  • 再売買の予約をつけることで将来的に物件を買い戻せる
  • 住み続けるのに必要な費用は家賃代だけ(賃貸なので固定資産税はかからない)

など様々な恩恵を受けることができます。

一方で

  • 買いなおす価格は売却額より高くなる
  • 定期借家契約を結んでいる場合、再契約できない可能性がある
  • 債権者(金融機関)が任意売却を認めない
  • 売却先が見つからない可能性も充分にある

などのデメリットもあります。

子どもの養育費などを払い終えると金銭的に余裕ができたり、私の稼ぎが将来的に増えたりすることを考慮すると、充分に買いなおすことも可能だという結論に至りました。
しかし問題は任意売却・リースバックは多くの調整が必要となり、専門的な知識が必要不可欠だということです。私個人だけではスムーズに進めるのが困難です。

 

任意売却・リースバックを成功させるにあたり、任意売却専門の不動産に依頼

そこで私は任意売却専門の不動産に依頼することにしました。最初は不安でしたが親身に相談に乗ってくださりアドバイスやサポートも都度してくれました。
分からないことがあればすぐに対応してくれたのもありがたかったです。

結果として債権者(金融機関)の同意を得られ、任意売却・リースバックを成功させることができました。引き続き今の家に住みつづけることができたのです。
家族や母は大変満足してくれて、任意売却専門の不動産に相談して本当に良かったと心から感じています。
経験から、私のように住宅ローンに困った人は任意売却・リースバックを検討することをおすすめします。
その際は任意売却の不動産にも相談することを強く推奨します。

この記事を読んで少しでも、あなたの役に立ったなら幸いです。ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

 

 

不動産の専​​門家

Ogawa.san

現役で不動産会社を経営しています。不動産の任意売却における長年のノウハウを持っています。住宅ローン滞納の悩みがある場合は悩まずにお問い合わせください!任意売却を重点に、ブログを運営しています。